沖縄滞在者からの沖縄ドライブテクニック

沖縄の車事情

現在、沖縄の大学に通っている大学生です。

 

今回は日本きっての観光地である沖縄から、ドライブの魅力をお伝えしたいと思います。

 

これから旅行先として沖縄を訪れる方、また、今後仕事のご都合などで沖縄に滞在される予定の方のお力になれたらいいなと思っています。

 

沖縄では車はかなり必要です。

 

私自身は車を持っていないのですが、よく友人の車に乗せてもらい沢山の経験をさせてもらってます。友人には感謝です!

 

特に、沖縄には鉄道がありませんし、バスなどの交通機関も十分とは言えないのが現状です。

 

そこで、やはり車という移動手段が不可欠になってきます。

 

仕事や学校へ通うことに加え、日々の買い物に出かけたり、休日にはパーッと走らせてドライブもできるので車を持つことは何かと便利です。

 

もちろん、旅行の際も車で巡る方が一層沖縄を満喫できると思いますので、県外から来られる方は車の免許の取得をお勧めします。

 

沖縄のドライブ事情について

では、本題のドライブについて、今回は沖縄を舞台にお話を進めていきたいと思います。

 

沖縄の道路は主に海沿いに面して長く続いています。

 

ですので、一旦森林地が開けますと、そこには青や水色、緑が入り混じるエメラルドブルーの海が広がっています。

 

これにはとにかく目を奪われてしまいます。

 

来年度で沖縄生活三年目になる私ですが、未だに快晴の空の下に輝くあの綺麗な海はいつ見ても飽きることはありません。

 

また、沖縄の観光スポットである首里城や城関連の城跡などは幾分入り組んだ地域に所在しています。

 

特に、夏場の沖縄は日差しが強く外に出るだけで蒸発してしまうのではないかと感じるほどです。

 

近くに最寄りのバス停などもありますが、やはり車を使って目の前の専用駐車場で降車し、そこから僅かな道のりを歩いて行く方が体感的にも快適に観光ができるかと思います。

 

沖縄ドライブの留意事項

沖縄のドライブの魅力をここまでお伝えしてきましたが、少し気を付けるべき注意事項もお伝えしておきましょう。

 

那覇から名護という沖縄の南北端を結ぶ58号線道路を利用する際は、主に名護寄りにあります石川という地区にお気を付けください。

 

この地域では牧畜がやや盛んにおこなわれておりますので、通りがかりに漂ってくる肥の匂いや独特の獣臭に鼻を曲げること間違いなしです。

 

来年度で沖縄生活三年目になる私でも、この匂いには未だに慣れません。

 

沖縄の綺麗な空と海をより直に見たいときっと多くの方が窓をお開けになることでしょう。

 

なんせ石川地区に差し掛かる道路沿いには、沖縄の海が向こう側に大きく広がっているからです。

 

ですが、件の忠告を思い出してください。

 

石川地区で漂ってくる牧畜の匂いを前にしては、景色を見たくともいくらかの我慢が必要になるかと。

 

しかし、中にはそうした匂いが平気であったり、逆に好ましいという人も極稀に見受けられます。

 

そうした方々にとっては、沖縄観光を二倍楽しめることを保証いたします。

 

お話が長くなりました。以上が私の思う沖縄ドライブの魅力でございます。

 

読者様の旅がより快適、且つ良き思い出になりますことを願いまして、ご参考までに。